【テセウスの船】第3話ネタバレ!感想と考察を加えて詳しく解説!

ドラマ

謎が謎を呼ぶ展開で話題のドラマテセウスの船。
第3話が2020年2月2日に放送されました。

話が進むにつれて展開が面白くなってきたので、第3話のあらすじとネタバレ全開の感想をぶちまけたいと思います。

スポンサーリンク

テセウスの船第3話のざっくりあらすじ


■テセウスの船第3話あらすじ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・
文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する
和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

(出典)
https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep3.html

ここからは3話の詳しいあらすじとネタバレになります。



テセウスの船第3話の詳しいネタバレ

テセウスの船第3話ネタバレ

公務執行妨害により逮捕された田村心(竹内涼真)。

しかし、事件のノートと現代の免許証を見られてはまずいと思った心は、崖から投げ捨てる。

三島千夏ちゃんのパラコート殺害、それを疑った三島茜ちゃんを監禁、さらに目撃者の長谷川翼を隠蔽のために殺害したと疑われる心。

何もやっていないと否定し続ける心。

事件の捜査報告をしている際、金丸(ユースケサンタマリア)は事件の記録、自分の手を見つめて何かに気付くのだった。

心の突然の釈放、しかし佐野家には毎日嫌がらせの電話

心は突然釈放される。村の人々からは冷ややかな目で見られる心。

しかし、帰ってきた佐野家は心のことを暖かく受け入れてくれる。

普段と変わらない暖かい佐野家だが、家には毎日たくさんの嫌がらせ電話が掛かってきていた。

「人殺しを匿うのか!」「村から出て行け!」と。

おまけに、子供たちも学校で嫌がらせを受けているとのこと。

必死で謝る心に向かって、それでも佐野家は明るく暖かく振る舞うのだった。

長谷川翼の死因は盗まれた青酸カリと発覚

心は突然釈放されたことについて文吾(鈴木亮平)に相談する。

なぜ釈放されたかについて、文吾は何も聞いていないと答える。

だが、第2話にて神社で死体が発見された長谷川翼(竜星涼)の死因が青酸カリだった。

さらに音臼小学校教員の木下さつき(麻生祐未)の実家のメッキ工場から、青酸カリがなくなっていたことが分かった。

そのメッキ工場には長谷川翼の婚約者である佐々木紀子(芦名星)が働いていた。紀子は何も知らないと答えている。

盗まれた青酸カリは1000人分の致死量に相当する。

青酸カリを盗んだ者は音臼小事件の犯人だと確信する心。

文吾に何か知っているか聞かれた心だが、未来を伝えるのは残酷過ぎるため、何も知らないと答えるのだった。

塗りつぶされた免許証がポストに

平成元年1月19日。

文吾が駐在所のポストに、心が崖から投げ捨てた免許証が入れられていたのを発見。

だが、その免許証は生年月日や日付など未来のものだということを示す数字は全て黒く塗り潰されていた。

一緒に捨てた事件のノートも犯人に拾われたのではないか、誰かに見られたのではないかと、心はノートを見つけるために崖下を探し回る。

探し廻る途中に心は、枝にかかった鈴のキーホルダーを発見した。

校門に貼られた新たな謎の絵

音臼小に戻った心。

校長(笹野高史)に謝り、職員室でも他の教師たちから心ない陰口を受けていた。

そんな中でも、木下さつきは父親を助けてくれた心を信じていると伝えてくれる。

そんな中、心の生徒である加藤みきおが「校門に変な絵があるとみんなが騒いでいる」と職員室に入ってきた。

心が見に行くと、前回見つけた奇妙な絵と同じタッチの絵が貼り付けられていた。

<画像>

女の子が泣いているのを”S” という形で囲われている絵。

これは鈴のキーホルダーのSと一致する。

鈴が被害に合うかもしれないとうろたえる心。

一方で、犯人と思われる者がワープロを入力するカット。

そこに書かれた内容がこちら。

贈り物をするって楽しいなぁ。

今どんな顔をしてるんだろう。

もっともっと楽しませてあげないと。

佐々木紀子が死ぬはずだった過去が変わった

事件ノートには、佐々木紀子が死ぬと記されていた。

しかし、実際には長谷川翼が死んだ。

これはつまり、過去が変わったということ。

心は今の手がかりである佐々木紀子に会いに行く。

佐々木紀子に接触し、色々と質問をするが佐々木紀子には無視されるばかり。

青酸カリのことも全て無視され、警察を呼ぶと言われてしまう心。

一方、文吾は鈴に防犯ブザーを持たせることにしていた。

鈴の身に何か起きるのではないかと恐怖する文吾だった。

音臼小学校いんオレンジジュースが届く

平成元年1月20日。

心が教室に入ると、子供達が21という数字の書かれた箱に入ったオレンジジュースを飲もうとしていた。

21という数字は、音臼小事件の被害者の数。

つまり、あの事件ノートを見ないと分からない数字だ。

さらに、オレンジジュースも事件に使われた飲み物だ。

このオレンジジュースは、必ず犯人から送られたものであると確信した心。

それに気付いた心は慌ててオレンジジュースを飲もうとしている生徒たちを止める。

一人の生徒が飲んでしまったが、特に問題はなさそうな様子だった。

もう音臼小事件はいつ起きてもおかしくないと焦る心は、文吾に真実を打ち明けることを決心する。

音臼小事件の真実について文吾に話すのだった。

ドラマ

Posted by nunukuro